Webcre Archive - WEBデザイン制作に役立つ情報をご紹介いたします。

Latest Entries

WordPressお問い合わせプラグイン MW WP Form に認証機能の reCAPTCHA を追加するプラグイン「MW WP Form reCAPTCHA」

recaptcha_01

Webサイトやブログを運営していると、お問い合わせフォームからよくスパムメールが届きます。
ホントに困りますよね!

そこで今回はWordPressお問い合わせプラグイン MW WP Form に、認証機能 reCAPTCHA を追加するプラグイン MW WP Form reCAPTCHA を作ったのでご紹介いたします。

※ reCAPTCHA とは下にある認証機能のことです。
recaptcha

カスタム投稿タイプで、ページごとにテンプレートを選択する方法

custom_post_type_template_select_01

いま進めているWordPress案件で、カスタム投稿タイプでページごとにテンプレートを選択したいという要望があり、少し調べたことをアウトプットしたいと思います。

プラグイン「TinyMCE VisualBlocks」が公式ディレクトリに公開されました。

tinymce-visualblocks_plugin_01

先日このブログで公開したプラグイン「TinyMCE VisualBlocks」がWordPress公式ディレクトリの申請を通過し公開されました。

初めての公式ディレクトリという事もありドキドキでしたが、とても勉強になりました。

WordPressの管理画面 > プラグイン > 新規追加 より、
プラグインの検索で「TinyMCE VisualBlocks」と検索するとヒットしますので、
こちらからインストールして頂いても良いかと思います。

tinymce-visualblocks_plugin_02

公式ディレクトリのアドレスは下記となります。

TinyMCE VisualBlocks
https://wordpress.org/plugins/tinymce-visualblocks/

WordPressの投稿エディターにvisualblocksを表示させるプラグイン「TinyMCE VisualBlocks」

TinyMCE-Visual-Blocks_01

WordPressの投稿エディターTinyMCEのオプション機能「visualblocks」を表示させるプラグイン「TinyMCE VisualBlocks」を作ってみました。

※visualblocksとは、HTML要素に点線枠をつけ分かりやすくする機能です。

その導入手順をまとめましたので是非試してみてください。

Xserverでの、DNSへのSPF設定

ちょっと案件でつまずいたのでメモとして残しておきます。

Xserver上で動かしているWordpressに送信フォームがあります。
※送信フォームはプラグイン「MW WM Form」を使用。

送信フォームに入力されたメールアドレスがGmailの場合、
自動送信メールが迷惑メール判定となり迷惑メールフォルダに入ってしまうようです。

それを回避するためにXserver側では
SPF(Sender Policy Framework)の設定を行ってくださいとアナウンスがあります。
http://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting.php

Xserverが指定している方法は、DNSの追加で、
ホスト:空白(入力なし)
種別:TXT
内容:v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx ~all
優先度:0
とあるのですが、なぜかうまくいきませんでした。

SPF設定で検索すると、ドメインに対しても設定すれば回避できるとあり、
早速設定してみるとこれがズバリ的中し迷惑判定から外れました。

設定方法は、
ホスト:空白(入力なし)
種別:TXT
内容:v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx +a:sv###.xserver.jp +mx ~all
優先度:0

###はサーバ番号です。
サーバ番号は、Xserver管理画面「サーバ情報」より確認できます。



Copyright © 2016 Webcre Archive All Rights Reserved.

RSS Feed. This blog is proudly powered by Wordpress and uses Modern Clix, a theme by Rodrigo Galindez.