Xserverでの、DNSへのSPF設定

ちょっと案件でつまずいたのでメモとして残しておきます。

Xserver上で動かしているWordpressに送信フォームがあります。
※送信フォームはプラグイン「MW WM Form」を使用。

送信フォームに入力されたメールアドレスがGmailの場合、
自動送信メールが迷惑メール判定となり迷惑メールフォルダに入ってしまうようです。

それを回避するためにXserver側では
SPF(Sender Policy Framework)の設定を行ってくださいとアナウンスがあります。
http://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting.php

Xserverが指定している方法は、DNSの追加で、
ホスト:空白(入力なし)
種別:TXT
内容:v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx ~all
優先度:0
とあるのですが、なぜかうまくいきませんでした。

SPF設定で検索すると、ドメインに対しても設定すれば回避できるとあり、
早速設定してみるとこれがズバリ的中し迷惑判定から外れました。

設定方法は、
ホスト:空白(入力なし)
種別:TXT
内容:v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx +a:sv###.xserver.jp +mx ~all
優先度:0

###はサーバ番号です。
サーバ番号は、Xserver管理画面「サーバ情報」より確認できます。

  • LINEで送る
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加