Webcre Archive - WEBデザイン制作に役立つ情報をご紹介いたします。

Latest Entries

テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行(引っ越し)する方法

5月18日(土曜日)に行われたWordBench千葉で、
「テスト環境から本番環境へ、URLが異なる環境にWordPressを移行する方法」
というお題でスピーチさせていただきました。

引っ越しの際、URL(ドメインやWordPressインストールディレクトリ)が変更になると、
データベース内にあるURLの書き換えが必要となる場合があります。
移行の際に少し知っておく事と、
URL書き換えスクリプトを使用したWordPressの移行手順をまとめていますので、
参考にして頂ければと思います。

スライドのダウンロードはこちら

 

同じ日にスピーチされた方のスライドもとても勉強になるので合わせてどうぞ~。

また以前にブログで書いた「WordPressでサーバ移行時にデータベース上のドメインを書き換える方法」もご参考に。

【動作環境】 WordPerss3.4.2、WordPress3.5、WordPress3.5.1

CKEditor4のボタンをカスタマイズしてみよう!(WordPress編)

ckeditor_01

新しくなったCKEditor4のボタンの配置をカスタマイズしてみたいと思います。
自分流のボタン配置で操作性アップ!!

WordPress3.5をサブディレクトリにインストールした時、画像の保存先をルート直下にする方法

fileupload_path

WordPress3.5の場合、画像の保存先を変更するには、
wp-config.php に、

1
define( 'UPLOADS', 'アップロードパス' );

define( ‘UPLOADS’, ‘アップロードパス’ ); と追記するれば解決できるのですが、
WordPress3.5をサブディレクトリにインストールした時に画像の保存先をルート直下にする方法をご紹介します。

例) WordPress本体 → /wp/
   画像の保存場所 → /images/

なかなかいい感じ。CKEditor4 がリリース!

CKEditor4が11月27日にリリースされました!

カスタム投稿時、wp_list_pages() のアクティブページに current_page_item のクラスを付与する

WordPressのテンプレートタグ wp_list_pages() は、
ページタイトルの一覧を表示させ、アクティブページ(現在表示しているページ)があれば自動的に class=”current_page_item” を追加する機能が付いています。

ところが、カスタム投稿では、この class=”current_page_item” がつきません。
そこでカスタム投稿でも class=”current_page_item” を付与する方法をご紹介いたします。



Copyright © 2018 Webcre Archive All Rights Reserved.

RSS Feed. This blog is proudly powered by Wordpress and uses Modern Clix, a theme by Rodrigo Galindez.